デジタルパーマ

コテで作ったようなパーマを作るオイルデジタルパーマ

デジタルパーマのイメージは「痛みが大きい」でしょうか?

確かに熱を与える分はダメージあると思います

でも薬剤調節していればそんな事ないんですよ

それを気にしてパーマをしないのは勿体ない。

パーマを楽しく、綺麗に体験してみませんか?他では出せないパーマスタイルに満足度も上がるはずです

「Arak」の最高のデジタルパーマを体験してみてください

 

ではデジタルパーマの事を軽く書いてみます

デジタルパーマは巻き付けるロットに熱を加える事により

形を形状記憶させるパーマです

この形状記憶によって美容室で作ったスタイルが

自宅でも簡単に再現できて扱いやすいのが特徴です


他のパーマと違うの?

デジタルパーマの大きな特徴は

髪が濡れている時と乾いている時の変化が少ない

という点です

普通のパーマですと濡れている時が1番ウェーブが出て

乾くとだんだんダレてきてしまいます

しかしデジタルパーマですと乾いても

まとまりのあるカールがしっかり残ります

ゆるめなカールやコテで巻いたようなスタイルを作るのに

適している施術です

デジタルパーマってすごく傷まない?

デジタルパーマ後のハイダメージ原因のほとんどが薬剤選定ミスです。よくダメージを考えて低温でという話も聞きますが

低温での施術をメインにしてしまうとせっかくの熱変性による形状記憶が弱まってしまい形状記憶することなくただダメージして終わるという事もあります。これでは普通のパーマとなんら変わりがありません。

ダメージや状態に合わせて適正な薬剤、温度

これらがきちんと管理されていればハイダメージにつながるようなことにはなりませんよ


アラックのデジタルパーマのこだわり


デジタルパーマなどでこんな事ないですか??

・ダメージ毛や縮毛矯正していても形状記憶だから問題なくかかると言われたのに

 やってみたらボロボロな状態にされていまった 

・1回目は良かったけど数回やっていたら、だんだん状態が悪くなってきて

 最後はかからなくなってしまった

・かかったけど変な形になってデジタルパーマが嫌いになってしまった

これらは熱ダメージを大幅に与えすぎてしまったり

薬剤選定ミスでパーマがかからない程のダメージを与えてしまった

などが原因です

 

当店のデジタルパーマは

薬剤コントロール

毛髪診断によって薬剤調整をして施術いたします

状態によっては中性や酸性の薬を使用します

だからゴワゴワな固い質感にならず柔らかい質感になります

 

温度管理

髪のダメージや使用薬剤によって温度管理しております

60~80度の中温で時間も10分前後とコントロールして

温度と時間をしっかり管理しております

 

残留物の除去、PH調節の徹底

使用した薬剤などが毛髪に留まる事がないように

きちんと除去をして

アルカリなどの傾いた髪の状態を

PH調節で弱酸性の状態に近づけます

 

従来の方法より各段にダメージが少なく

ご自宅でのスタイリングしやすくなる

当店自慢のデジタルパーマで変身しませんか